防災に関することなら何でもエムケイ防災にご相談下さい

防災に関することなら何でもエムケイ防災にご相談下さい

防災に関することなら何でもエムケイ防災にご相談下さい。

消防用設備等の点検・報告は防火対象物関係者の義務です

消防法により消防用設備等を設置することが義務づけられている防火対象物の関係者(所有者・管理者・占有者)は、その設置した消防用設備を定期的に点検し、その結果を消防長又は消防署長に報告する義務があります。
消防用設備等は、特殊なものであり、消防用設備等についての知識、技能のない者が点検を行っても、不備欠陥が指摘できないばかりか、かえって消防用設備等の機能を損うことも考えられます。
そこで、防火対象物の規模や消防用設備等の内容により、火災発生時に人命危険の高い特定防火対象物等でその規模が大きい対象物については、消防設備士又 は消防設備点検資格者に、その他の規模の小さい防火対象物については、防火管理者等に点検を行わせることとされています。
消防用設備等は、いついかなる場合に火災が発生しても確実に機能を発揮するものでなければならないので、日ごろの維持管理が十分に行われることが必要で す。このため、消防法では消防用設備等の点検・報告ばかりではなく、整備を含め、適正な維持管理を行うことを防火対象物の関係者に義務づけています。

点検義務のある人:消防用設備等の設置が義務づけられている防火対象物の関係者

(所有者・占有者・管理者など)

点検をする人:消防設備士・消防設備点検資格者・防火管理者

(※防火管理者は延べ面積1,000u以上の特定防火対象物・延べ面積1,000u以上の非特定防火対象物で消防長又は消防署長が指定したものに対する点検者に含まれません)

点検から報告までの流れについて

点検フロー
お問い合わせはこちらからどうぞ